自堕落だ部屋 - 黒騎士と白の魔王

黒騎士と白の魔王プレイブログになりました。

ヒールキャラを比較してみる

戦闘力が3,300くらいになって、リリース当初からプレイしている方々にはまだまだ及ばないものの、そこそこの強さにはなってきたように思います。

今のトップ層はたぶん戦闘力4,500くらいなのかな? 私が見たことあるのは4,300までですが。

 

さてそんな中途半端なタイミングではありますがヒールキャラを比較してみようと思います。

データは進化前の図鑑データ(Lv.80、スキルLv.MAX)です。

ヒーラー視点なのでヒーラーのロールボーナス込みの話をしています。

SPスキルはまだ違いを体感するには経験が足りないので軽くしか触れてません。

 

SSR カサンドラ

f:id:seaside_town:20170619103005p:plain

 HPが他のヒールキャラに比べほぼ半分しかない。代わりに器用さが高く、器用さが高いと状態異常耐性が高くなるらしいですが、体感的にはさっぱり分かりません。

 SPスキルの踊り耐性20%が非常にありがたい。

 ウェイト・MP・チャージタイムは標準的で、効力はちょっと高め。

 状態異常耐性バフ2を付けられるため、体感的ですが異常耐性が30%くらい上がります。麻痺や混乱を付けてくる相手にはHP満タンからでも掛けておきたい。

 私はビショップなのでジョブスキル「癒しの手」にも状態異常耐性バフ2が付くため、特にギルバトではガードヒールと合わせてなるべく耐性をばらまくようにしています。

 全体的に使いやすく損のないバフもつくので、無理なく使えるヒールキャラ。

 

SSR ナンナ

f:id:seaside_town:20170619103327p:plain

 SSRフレイヤと並んで最高のHPをもつヒールキャラ。

 SPスキルの睡眠耐性20%が非常にありがたい。

 ウェイト・MP・チャージタイムは標準的で、効力も標準。

 弱体デバフを1つ解除できるのが使いやすく、特に降臨イベントのボス戦等ではファイターを回復しつつのデバフ解除でひと手間減らせる感じです。

 SSRカサンドラと両方持っていれば、単体ヒールキャラはこの二人を基本にしてよいと思います。

 

SR トヨタマヒメ

f:id:seaside_town:20170619103207p:plain

 HP、回復力はSR単体ヒールキャラとして標準性能。

 ウェイト・MP・チャージタイム・効力も標準的です。

 被ダメージ軽減バフ2は(たぶん)3割程度のダメージ減少が見込めるので優秀です。ただしファイターを回復するうえでは、ファイターが自前の被ダメージ軽減バフを持っているケースが多いので、あまり向かないと思います。

 クエストではほぼファイターの挑発が場を支配していますので、単体ヒールの対象もファイターになりがちですから、プロテヒールの優先度は低いです。対してギルバトではソーサラーやハンターがタコ殴りに遭いやすいので、回復しつつバフを付けられるのは良いと思います。

 

SR マルコシアス

f:id:seaside_town:20170619103224p:plain

 HP・回復力ともに少し低め。

 ウェイト・MP・チャージタイム・効力は標準的。

 インテバフ(器用さ・回復力バフ1)は自分にかけて回復力を上げるだけでなく、ヒール量は「ヒールをされる側の回復力」も参照しているらしいので、間接的に自分のヒール量を上げている形になります。

 個人的にはマルコシアス自身の回復力が少し低いのと、他キャラが支援上で優秀な効果を持っていることから、一歩控えた位置にいるのかなという印象。

 ただ状態異常耐性もデバフ解除も被ダメージ軽減も要らない状況であれば、ハンターや自身の火力の底上げができる分マルコシアスが勝る局面もあると思います。

 

SR ヘルミオネ

f:id:seaside_town:20170619103134p:plain

 HP・回復はSR単体ヒールキャラの標準。

 ウェイト3は標準的ですが、MPはわずかに高く、チャージタイムが標準より10多いです。

 その代わり効力がかなり違い、戦闘力3,000くらいではヒール量に2,000ほど差が出ています。

 本領はもちろん100%蘇生で、ジョブスキル癒しの手と合わせてゾンビアタックができますが、クエストでは蘇生が必要になる場面がそこまで多くなく、私は入れないことが多い。半面ギルバトでは癒しの手と合わせて大活躍してくれます。

 

SR フリッグ

f:id:seaside_town:20170619103249p:plain

 HP・回復力は標準。

 ウェイト・MPも標準的ですが、チャージタイムが5短いです。

 効力も若干高く、個人的にはどこかで出番が来るものと思っています。

 たとえばギルバトで単体ヒールをひたすら回そうと思うと、今はチャージタイム20のスキルを4つ並べる必要がありますが、チャージタイム15だと3つで良くなると思います。(まあギルバトでの立ち回り自体がまだ暗中模索なのですが…)

 暇を見て育てておきたいと思っています。

 

SSR ヘラ

f:id:seaside_town:20170619103548p:plain

 HPが低く回復力が異常に高い。

 ウェイト6、MP24、チャージタイム40はいずれも使いどころを選びます。

 効力は単体ヒール標準と同等ながら、味方全体を回復できるため、ボスの必殺技を食らう際の立て直し等に良く働いてくれます。

 蘇生25%はアテにできないのでおまけ程度に考えましょう。

 ウェイト6のスキルはできるだけ無双と組み合わせてウェイト3で使いたいので、使いどころで無双できないことが無いようにTP管理はしっかりしたいですね。

 またSSRヘラ、SSRカサンドラ、SRマルコシアスなどの水属性キャラについては、SSRリヴァイアサンの「昇竜水撃」でヒール量を約2倍に出来ますので、組み合わせて使うとより良いです。(「ためる」の効果は対象の属性以外でも多少の効果はあるので、SSRリヴァイアサン編成は常にオススメです)

 

SSR フレイヤ

f:id:seaside_town:20170619103035p:plain

 SSRナンナと並んで最高のHPを持つ。回復力は標準。

 ウェイト6、MP12、チャージタイム20。

 効果はリジェネ2の付与です。リジェネは3秒に1回ずつ回復でき、計算式はまだ検証していませんが、現状で600ずつくらい回復しているため、たとえば画像の通り50秒持続なら合計9,600回復です。ラヒールで全体4,000くらいの回復量なので、MPあたりの回復量はかなり良いです。

 ただリジェネの効果量って状況により結構違う気がするので、そこらへんは検証しないとダメですね…。

 もう一つ大事な点として、ラリジェネは毒を打ち消せるというのがあります。全体毒に合わせてラリジェネを使えるとドヤ顔ができますので、降臨イベントのヨルムンガンド戦では大活躍です。そういった用途のとき、チャージタイムが短いのも良いですね。

 なお、バフは確率が低くてアテにできないので忘れてください。

 

 

以上のように見てきましたが、どれも良い効果を持っていて組み合わせに悩んでしまいますね。

たとえばクエスト用だと、私の場合は

 ・攻撃用に1~2枠 SSRリヴァイアサンSSRポセイドン(召喚)

 ・SSRオデュッセウス(ラプロテスで全体被ダメージ軽減)

 ・ラクリナ2枠 SSRアフロディーテ、SRデメテル

をとっているので、ヒール枠は3~4つです。

今は攻撃枠はリヴァイアサンだけにして召喚を抜き、SSRカサンドラ(ガードヒール)、SSRナンナ(クリナヒール)、SSRヘラ(ラヒール)、SSRフレイヤ(ラリジェネ)の4キャラにしています。

 

降臨イベントもだいたいこれで行けますが、単体攻撃が痛ければSSRヘラ(ラヒール)を抜いてSRヘルミオネ(ザレク)を入れたり、状態異常が少なければラクリナ枠を1つ減らして召喚を入れたりしています。