自堕落だ部屋 - つれづれ

ゲーム関連のつれづれブログ

【ライバルズ】氷塊ゼシカ

いまさら氷塊ゼシカ(ヒーローロト)のコスト別パーツ評価について。

マスター環境で使い続けようと思っているので、そのメモも兼ねて。

 

◆ 0コスト

【ヒャド】

 必須。

 

【凍てつく大地】

 1枚は必須で、2枚にするかは要検討だが、個人的には2枚。

 序盤からとつげきこぞうを動かしたり、キラーパンサーに速攻させたり、終盤にいきなりバズズを発動させたり、場合によってはユニットのブロックやウォールの形成に使ったりと使い道が多い。

 氷塊を出せないと弱いデッキなので、このカードを2枚引いて悲しむリスクよりも氷塊を安定供給できる方が良いと思う。

 

◆ 1コスト

モーモン

 入れているレシピが多いが、微妙。

 モーモンや後述のプチマージに枠を割くと終盤が弱くなり逆転されやすい。かといって序盤に寄せても攻めきれる相手が環境にいないと感じる。

 

【プチマージ】

 モーモンと同様。且つ得られるとくぎもランダムなので期待しない方が良い。

 

【メラゴースト】

 いれば便利だが、やはり枠の関係で入らない。

 

◆ 2コスト

【スノーモン】

 必須。

 

【とつげきこぞう】

 必須。氷塊の序盤を支える超優良ユニット。

 先手の初手でとつげきこぞうとフロストギズモが来るのが多くの場合最良だと思う。

 

【その他のユニット】

 枠が無い。

 

【メラミ】

 必須。

 

ヒャダルコ

 当たれば強いが安定しない。どうしても撃ちたい場面が無いので入らない。

 

◆ 3コスト

【フロストギズモ】

 必須。HP4がゼシカミラー等で心強い。

 

【ブラッドレディ】【シーゴーレム】

 安定の3コストたち。必須。

 

ラプソーン

 氷塊を呪えるので、このデッキでは特に出しやすい。

 

◆ 4コスト

オルゴ・デミーラ

 最強の4コスト。

 

【キラーパンサー】

 氷塊込みで3体の場面はかなり多く、不意に4点削れて場に残るのはえらい。

 

ラリホービートル】

 オルゴ・デミーラやテリーのグレイグを止めて流れを変えられる。HP6も安心感がある。キラーパンサーや5コスト帯のカードとの比較になる。

 

樹氷の竜】

 ナーフされたあともハマれば強いが、氷塊が無いと極端に弱い。ピサロの死への誘いに引っ掛かりやすいのもつらい。

 

【ムーンフェイス】

 ぶっ刺さる状況は確かにあるが、競争率の高いコスト帯なのでなかなか採用できない。

 

メラゾーマ

 必須。

 

◆ 5コスト

ビアンカ

 リーサル計算が楽になるので必須に近い。

 特にククール全般やエイトピサロに対して、盤面ダメージが通りにくい中盤以降に是非欲しい。

 

マリベル

 魔導召喚とセットで。

 

【メイジポンポコ】

 魔導召喚とセットで。地味にメラミとの組み合わせでリーサルが楽に。4コスト帯と枠を争うことになる。

 

【吹雪の魔女】

 樹氷の竜と同じくハマれば強いが、氷塊が無いとだいぶ弱い。競争率の高いコスト帯なので、よほど4点ダメージが重宝する環境でなければ採用しづらい。

 

うごくせきぞう

 各リーダーの単体処理性能が上がっているので採用しづらい。

 

地這い大蛇

 使われると強いが使うと弱い。ミッドレンジほどテンションスキルに依存していないので、デスタムーア対策としても入れづらい。

 

◆ 6コスト

バズズ

 最強生物。必須。

 ゼシカミラーで魔導召喚の返しで出して、次ターンにリーサルできるように立ち回る。

 

◆ 7コスト以上

【魔導召喚】

 先手5ターンマリベル魔導で大勢が決する他、持久戦になっても戦えるのでやはり必須。

 繰り返しになるが、こちらが速さに寄せたとしても、終盤まで耐えられるデッキが環境に多いので、結局終盤に押し込むために魔導召喚が必要になる。

 

以上。

 

新環境でも氷塊で遊べれば良いのですが、肝心のヒャドが落ちるなど不安もあるので、新弾のカードプールを見て判断したいです。

【雑記】GW明けから1週間が経ち。

GW明けから1週間が経ちました。

つらつらと自分的ゲーム情勢を書きますと、

 

◆ アッシュテイル

 引退しました。

 思った以上に日課に充てる時間が無かったのと、比較的自由な朝方の時間(娘ちゃんのベッドになってるタイム)が眠すぎてアッシュテイルのオート操作を見ているとオチてしまうので、全然時間を掛けられませんでした。

 でもゲームとしては面白かったし、自由の身ならそれなりに課金して遊んでいたと思います。

 

◆ ライバルズ

 5/23の新弾発売を楽しみに待っています。

 ライバルズは希望のメダルパックくらいしか課金してきていませんが、今回はそれなりに課金したいと思います。

 ゼシカでヒーローアンルシアデッキ、魔勇者アンルシアでアンチヒーローゾーマデッキを組んで遊ぼうかと画策中。

 現環境はレジェンド到達できなさそうなので、次環境で頑張ります。

 

スマブラSP

 毎日ではありませんがなんだかんだ遊んでいます。

 格闘Mii熱はだいぶ冷めたので、今はルフレをメインに、気が向いたキャラを試用してみて次に集中するキャラを模索中。ジョーカーは買ってません。

 こどもリンクゼルダカービィ、カムイあたりも候補。

 

ドラクエ

 iPhone版2,800円を購入して初めて遊んでいます。

 ライバルズでゼシカやエイトに馴染みができたので楽しめそうです。

 久しぶりにコンシューマRPGをやっていますが、この100%自分のペースで進んでいく感じがたまらんですね。

 街中をアイテム求めて物色すると、気づけば街の造りを覚えている点も楽しいです。

 スマホRPGだとどうしてもオートメインの造りになるので、MAPとか永遠に覚えませんからね。

 

スパロボ

 10話くらいまで進めてやってません。

 思ったより戦闘アニメがガサかったのもありますが、単にもうスパロボやりたい欲が無かったのかもしれません。

 せめてレイアース出てくるまでやろうと思ってたんですが。

 

以上!

 

【アッシュテイル】成長曲線の鈍り

GW最終日に合わせて来たのならすごいことだと思いますが、(ほぼ)無課金で初日から進むと10日目あたりで成長曲線が鈍ります。

 

1、装備強化の落ち着き

 オール+6に近くなり、ここから先は成功率も100%を切るため、運ゲーをするかラックジュエルを集めてから強化するかになりますので、装備強化による戦力アップは緩やかになります。

 

2、カードスロットの落ち着き

 装備品のカードスロット解放がほぼ終わり、強化もだいたい+9にはなっていて、+12を目指すにはマナが足りない、そんな状況になってきますので、カードによる戦力アップもやはり少し落ち着きます。

 

3、スキルポイント取得の難易度アップ(ステラ不足)

 レベルキャップの解放が1日1つになってきていますが、得られる経験値量はレベル1つ上げるのに必要な量をはるかに超えますので、あふれた分はスキルポイントに回すことになります。

 しかしスキルポイントを1つもらうのに50万前後のステラが必要になってきており、供給が追い付かなくなっています。なので今後、経験値が使いきれなくなる可能性が高いです。

 

以上より、今後はレアハントに期待しつつ時間をかけて育成していく感じになりそうです。

特に目標をもってプレイしているわけではなく、キャラクターの成長を目で追える楽しみをRPGで味わっているだけなので、しばらく楽しめる気はしています。

 

【アッシュテイル】ソーサラースキルの威力比較

ソーサラースキルをちょこちょこ試してみたので、メモ程度に。

 

f:id:seaside_town:20190504112506j:image

現在のステータスがこちら。

試した相手はメイプルベア。

 

まずはウィザードスキルのアイシクルレイン。

紋章効果でLv.11になっています。
f:id:seaside_town:20190504112503j:image

1,049×6hit=6,294ダメージ。ここに鈍足と凍結の付与がつきます。

クールダウンは6秒なのでほぼ間断なく撃てます。位置ずれに弱い。

 

お次はヴォルケーノLv.5(イラプションLv.10)。
f:id:seaside_town:20190504112510j:image

単発で6,019ですが、見ての通りクリティカル発生率が高いので、平均威力では7,000~8,000くらいでしょう。Lvが上がればさらに威力は上昇。

ここに2.5秒スタンがつくのと、発生が早い。

その代わりクールダウン10秒なので連発できません。

 

お次はアーラフィアンマ(火の鳥)Lv.5。
f:id:seaside_town:20190504112500j:image

単発で5,718と意外と高くないです。

発生は早く射程が長い。クールダウンは9秒でやはり連射が効かない。

同じくまだLv.5なので今後の威力上昇が見込めます。

 

アーラフィアンマの持続ダメージ(Lv.4)。
f:id:seaside_town:20190504112513j:image

268×6hit(?)=1,608ダメージ。

アーラフィアンマ本体ダメージと足すと7,326で、それなりの威力になる。

Lv.はあと1つ上がるがそこまでダメージは増えないと思います。

直線状に展開されるダメージフィールドで、相手が動くとうまく当たらないのであまり信用ならない気がする。

ほかのスキルとの兼ね合いで、後回しにされるかもですね。

 

最後にSSは無いですがウィザードスキルのコールドウィング。

だいたい単発3,000ダメージくらいで、2.5秒ごとに撃てることを考えると悪くないように思っていたのですが、実はソーサラーの通常攻撃で1発1,000ほど入るので、単体相手の秒間ダメージ的にはさほど変わらない。

しかも今後はフォルスフラムという通常攻撃にやけど効果を付与するスキルが出てくるので、なおさら通常攻撃のほうが強そうです。

 

さらにコールドウィングは自動戦闘時に変な挙動をすることが多い(敵から一定距離をおいて撃とうとするので、移動時間分の火力が落ちたり、敵の反対側に回りこんで後ろの敵を釣ったりする)ので、あまり使用しなくてよさそうですね。

 

【アッシュテイル】傭兵がパワーアップ

レベル53からだったと思いますが、NPCキャラである傭兵が転職しました。

 

f:id:seaside_town:20190503200854j:image

これまでの傭兵は戦力4万も無いくらいでしたが、転職して一気に6万に。

プレイヤーキャラは10万ほどですから大した戦力ではありませんが、ダンジョン周回程度ならある程度(自分のキャラが適正戦力に達しているくらい)オートでクリアできるので、人を募集するのが億劫な私のようなズボラ人間にはちょうど良いです。

 

余談ですが、転職クエストもNPCを連れていけば割とあっさりクリアできると思います。

【アッシュテイル】ソーサラーへ転職

 今日でサービスインから1週間が経ったアッシュテイル。

初日からプレイしている私のプレイ期間も1週間になりました。

 

f:id:seaside_town:20190502161544p:plain

ソーサラーにするかメイジにするか悩みましたが、ランキングなどで見ているとメイジにしている人が多かったのでソーサラーにしました。

 

スキルや職業説明を見ている限りではソーサラーが火力特化、メイジが妨害特化です。

個人的にはソーサラーのヴォルケーノが範囲広くてスタン2.5秒の鬼畜仕様なので、ひょっとすると妨害性能も高いのではと思っています。

いずれにせよソロメインの私は自分で火力出せたほうがいいだろうという思いもあり、ソーサラーにすることに。

魔法職なのに武器が銃というのもなかなか恰好良い。

 

んで早速、ウィザードとソーサラーのメインスキルを比べてみます。

 

f:id:seaside_town:20190502161605p:image

f:id:seaside_town:20190502161613p:image

スキルレベル1の時点で倍率が200%ほど違います。

ただしクールダウンがウィザード2.5秒に対しソーサラー9秒のため、メインスキルはあくまでコールドウィングのままのようです。

 

ヴォルケーノはレベル54からなのでまだ使えないため、当面はアイシクルレインを加えた3つをダメージ源にすることにします。

 

なおアーラフィアンマ(火の鳥を飛ばす)も射程が長いので、PvPでは画面外からコールドウィング→アーラフィアンマ→コールドウィングと撃ってざくざくキルが取れます。 

【アッシュテイル】ギルド争奪戦など

5日目が終了しました。

レベル上限まで追いつけなくなり、周りとの差が顕著に。

要因は課金の有無だけでなく、上位ダンジョンにプレイヤー同士のPTで挑んで攻略するということを私がしていないからです。(育児の都合上、突然のお呼ばれなどがあるのでじっくりPTはできませんので、傭兵PTしか組めません)

あとは単にレア運がない

 

とはいえ明日か明後日あたりには転職に漕ぎつけられそうな状況です。

 

さて本日は初のギルド争奪戦。

ギルドの中から30人の「エリート」を選び、この人たちが主戦場へ。

残りのメンバーは鉱山に入り資源を奪い合うのですが、この資源が何に使われているのかはよく分かりません。鉱山でも資源の場所取りで結局は殴り合いです。

 

1日2戦で、1戦目は途中でお呼ばれしたので残りを放置してたら30位くらい、2戦目は中央の戦場でひたすらキルとアシストを繰り返しつつ隙を見て資源を掘ってたら9位でしたので、エリートとのポイント差はあまりないようです。

 

いずれにせよラグがひどいので、慣れが必要そうです。

射程の長いスキルを持つウィザードはラグには強めなので有利ですかね。

同じ場所に居続けなければ滅多に死なないと思います。

 

私にとっての問題は、これがGWでなければ参加不可ということ。

やっぱり野良でダラダラやって、自分の戦闘力がじわじわ上がっていくのを楽しんだほうがよさそうかしらん。